プロフィール
柏木広樹
V.Cello・Compose・Produce

東京芸術大学在学中に「G-CLEF」としてデビュー、ソロ活動開始後はブラジルやスペイン、和など多国籍なテイストを盛り込んだ独創的な音楽性を通じ、通算8枚のオリジナル・アルバム、ベスト・アルバム『Best Wishes』(CD+DVD 2枚組)を発表。 葉加瀬太郎の音楽監督を歴任している他、塩谷哲、上妻宏光、小松亮太、ジェイク・シマブクロ、手嶌葵、クレモンティーヌ等との競演、楽曲アレンジなどを担当。映画「おくりびと」本木雅弘の演奏指導・劇中演奏、「冷静と情熱のあいだ」出演、テレビ朝日「世界の子供がSOS! THE☆仕事人バンク マチャアキJAPAN」、TOKYO MX 宝塚歌劇団トーク番組「CAFE BREAK」楽曲提供、NHK大河「篤姫~篤姫紀行」、テレビ新広島「ひろしま満点ママ!!」、山口朝日放送「ひるくる!」テーマ曲の演奏やCM音楽など、映像音楽も多く手掛ける。 人間の声に最も近いといわれるチェロを、変幻自在に操る唯一無二のアーティスト。
リンク

fanclubsite
livesite
bluesofa Records Site
柏木 広樹 Hiroki Kashiwagi

『Cellos LIFE』
『Best Wishes』
『musicasa』
『cocoro-relation-』
『Deja vu』
『pictures』
『IN FUTURE』
『航海記』
『CASA FELIZ』
『I’M HERE』
mobile
モ

バイルサイト(qrコード)
excite
イマージュの本当の姿
さて、

いよいよ林君とのデュオの旅始まります。


広島も、福岡も林君初めての方もいらっしゃると思いますが、びっくりして下さい。
すごいよ~ン。




表題についてなんですが、今まで8年間も続いていますライブイマージュ。
音楽的な事もそうなんですが、色々な事が進化していってます。


最も進化した事は何かと申しますと。
先ず、写真1をご覧下さい。








f0021895_11513754.jpg


まあ、普通のピアノ椅子だわな。
チェロを弾くのに最もこの椅子が適している(高さも変えられるし、固いし。)と思われます。
イマージュでも、勿論この椅子を用意して頂いています。
学生時代は1日12時間位この椅子に座っていた事もあるくらいですから、
僕らは全然問題なし。


3時間半のコンサートでも・・・・・・・・


さて、ここからが進化したイマージュの実態映像。


ヴァイオリンやビオラの人達は立って演奏する事もあるし
(あ、俺もちょっとだけあるけど、、、笑)、
座って演奏する事もある。





練習するときはというと


自分の好きな体制で演奏する事になるんです。

例えば12時間練習しようと思った時に、座ったり、立ったり、えびぞったり、
寝転んだりしながらでも良い訳です。まあ、前者2つだわな。





このコンサートはずっと、座っていないといけないじゃないですか。
ヴァイオリン、ビオラの人達も。





8年経った今は、こんな事になっています。

写真2

f0021895_11515877.jpg


ヒーヒッヒっ。


余りにも時間が長くて、お尻が痛くなってしまうため、な、な、なんと、
全員の椅子の上に柔らかい座布団?クッション?が置いてあるんです。


因にこのクッション


旅に全て同行するため、機材と一緒にトラックで運ばれています。
なんと、専用のケースもあります。




ヴァイオリンの人達は、こうして癒されているんです(笑)。
[PR]
by casafeliz | 2008-04-30 11:52
<< デュオ どうも >>


カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Live情報
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
おことわり

掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があり ます。