プロフィール
柏木広樹
V.Cello・Compose・Produce

東京芸術大学在学中に「G-CLEF」としてデビュー、ソロ活動開始後はブラジルやスペイン、和など多国籍なテイストを盛り込んだ独創的な音楽性を通じ、通算8枚のオリジナル・アルバム、ベスト・アルバム『Best Wishes』(CD+DVD 2枚組)を発表。 葉加瀬太郎の音楽監督を歴任している他、塩谷哲、上妻宏光、小松亮太、ジェイク・シマブクロ、手嶌葵、クレモンティーヌ等との競演、楽曲アレンジなどを担当。映画「おくりびと」本木雅弘の演奏指導・劇中演奏、「冷静と情熱のあいだ」出演、テレビ朝日「世界の子供がSOS! THE☆仕事人バンク マチャアキJAPAN」、TOKYO MX 宝塚歌劇団トーク番組「CAFE BREAK」楽曲提供、NHK大河「篤姫~篤姫紀行」、テレビ新広島「ひろしま満点ママ!!」、山口朝日放送「ひるくる!」テーマ曲の演奏やCM音楽など、映像音楽も多く手掛ける。 人間の声に最も近いといわれるチェロを、変幻自在に操る唯一無二のアーティスト。
リンク

fanclubsite
livesite
bluesofa Records Site
柏木 広樹 Hiroki Kashiwagi

『Cellos LIFE』
『Best Wishes』
『musicasa』
『cocoro-relation-』
『Deja vu』
『pictures』
『IN FUTURE』
『航海記』
『CASA FELIZ』
『I’M HERE』
mobile
モ

バイルサイト(qrコード)
excite
激・食・東・北
すまんすまん。
間が開いちゃった。



今回は東北シリーズ!


先ず、秋田に行ったらこれだよね~ん。
f0021895_1346473.jpg

稲庭うどーーーーーん!!!

このうどんののどごし、タ・マ・ラ・ン。





この日の夜、初めて食べた。
f0021895_13464375.jpg


この左側。クロモといいます。
今回はヌタだったけど。
もずくよりしゃっきりした食感。さわやかな味。よかったですよ~ん。







これも感動の一品。
f0021895_13473519.jpg


くじらのか焼き。といいます。
くじらの貝焼き、つまり、この土鍋が昔はホタテ貝の貝殻を使って作っていた所から
来ているらしいんだけど、
くじらと、秋田の野菜をダシでグツグツいっちゃったって料理です。
マジ美味かった。
まだまだ食べてないもの一杯あるなあ。



青森では行儀のいいこの方達とご対面しました。
f0021895_13482275.jpg

こんなにでかい、車エビ!!!!!!!!
注)まな板の幅と同じ!

さて、この中の最優秀賞をご覧下さい!
f0021895_1349841.jpg

イナバウアーさんどえす。
10点・10点・10点10点10点!!!!!!!!!



青森といえば、もう絶対これ。
f0021895_13493023.jpg

いちご煮。

ウニとアワビのコラボレーション。
ビューチホウ、ワンダホウ、アンビリーバボウ!!!

その他にも、美味しい物を沢山頂いた青森でしたが、またの機会にご報告。



そう言えば

今回真面目に青森ラーメン食べました。
合計3店廻りましたが、自分的には『八森』というお店がグーでした。

青森ラーメンは、基本的には魚ダシ(煮干しが多いみたい)、のさっぱりというか、
素朴な味が中心みたいなんだけど、
『八森』は化学調味料とかは一切使っていないんだろうなあ。
本当にのどかで、優しい味でした。

麺は2種類あったけど、俺は手打ち麺(太麺)を頂きました。
この日はカメラをホテルに忘れるという痛恨の失敗をしたけど、
次に青森に行った時の楽しみとしてとっておこう。





その代わりといってはなんですが
f0021895_13502797.jpg


これ、山形の冷やしラーメンといいます。

山形の人にはおなじみみたいですが、初めて食べましたね。
俺的には不思議な感じのするラーメンでした。
山形はそばも美味しいし、麺激戦区の県なんでしょうか?情報求ム。



その後の仙台代表。


今回は
f0021895_1350489.jpg

ウニウニウにいいいいいいいいっ。

そして、初めてタッグを組んだ
f0021895_13512647.jpg


鮎とツブ貝。わーお、わーお!!



東北シリーズも夢見心地の日々が続いたのでした。

そして

甲府、伊那へは、僕だけ自分の車で行ったのですが、
サービスエリアで俺の心をわしづかみにしたのは、

またしても
f0021895_13514480.jpg

とうもろこし!   


夏はいいねえ(笑)。
[PR]
by casafeliz | 2007-08-20 14:02
<< き・き・九州! 北の大地は恵みが一杯! >>