プロフィール
柏木広樹
V.Cello・Compose・Produce

東京芸術大学在学中に「G-CLEF」としてデビュー、ソロ活動開始後はブラジルやスペイン、和など多国籍なテイストを盛り込んだ独創的な音楽性を通じ、通算8枚のオリジナル・アルバム、ベスト・アルバム『Best Wishes』(CD+DVD 2枚組)を発表。 葉加瀬太郎の音楽監督を歴任している他、塩谷哲、上妻宏光、小松亮太、ジェイク・シマブクロ、手嶌葵、クレモンティーヌ等との競演、楽曲アレンジなどを担当。映画「おくりびと」本木雅弘の演奏指導・劇中演奏、「冷静と情熱のあいだ」出演、テレビ朝日「世界の子供がSOS! THE☆仕事人バンク マチャアキJAPAN」、TOKYO MX 宝塚歌劇団トーク番組「CAFE BREAK」楽曲提供、NHK大河「篤姫~篤姫紀行」、テレビ新広島「ひろしま満点ママ!!」、山口朝日放送「ひるくる!」テーマ曲の演奏やCM音楽など、映像音楽も多く手掛ける。 人間の声に最も近いといわれるチェロを、変幻自在に操る唯一無二のアーティスト。
リンク

fanclubsite
livesite
bluesofa Records Site
柏木 広樹 Hiroki Kashiwagi

『Cellos LIFE』
『Best Wishes』
『musicasa』
『cocoro-relation-』
『Deja vu』
『pictures』
『IN FUTURE』
『航海記』
『CASA FELIZ』
『I’M HERE』
mobile
モ

バイルサイト(qrコード)
excite
葉加瀬ツアー北に行く!

ども。



久々の更新です。



この間も葉加瀬さんのツアー続いていまして、
北の大地から帰ってきました。



それにしても今回の旅はハードでした。
というのは全て天気のせい。。。
強い低気圧によって、中々大変な旅になってしまいました。



先ずは青森を訪れたのですが、空路での青森入り。
ナント飛行機は、条件付きでの運航でした。
もし青森空港に着陸できない場合は、
羽田空港に引き返してくるとアナウンスされてました。
葉加瀬さんのツアーで行くのも久しぶり。
何としても行かなきゃならん!
という思いが伝わったのでしょうか、無事に到着!
ライブも温かい雰囲気に終わり、夜の宴も楽しく、
しかし外は吹雪いていました。。。
翌日は青森に行くと自分の中では定番になっている
市場をお散歩。
外は吹雪いていましたが。。。
f0021895_1235372.jpg

俺の場合、行けるチャンスがあったら
必ずと言っていいほど市場散策します。
で、ここで朝食!美味しかったです。



そのまま盛岡へ移動。
去年の葉加瀬さんツアーでも訪れましたが、
とても記憶に残るコンサートだったのです。
音楽の大事な部分を、学ばせてくれた場所でもあります。

この日のリハーサルを終了して、本番の準備をしている時に
三陸沖で大きな地震があって、盛岡は震度5弱でした。
地震の前にメンバールームあちこちで一斉に携帯音、
あの聞きたくない緊急地震速報の警戒音が鳴り響きました。
去年を思い出す緊張感の中、かなりの揺れを感じましたが、
スタッフの情報収集、入念な点検作業の後、
コンサートを行うことが出来ました。
開演は30分以上おしましたが、
不測の事態が本番中におこってしまった時の打ち合わせ、
お客さんの安全確保等が舞台監督やイベンターさんの間で
綿密に寝られていた時間でした。
そして地震のせいで、少し遅れてくるお客さんにも
コンサート全体を見て頂きたいという理由からの
30分遅れでした。



この日のコンサートは、また記憶に残るものになりました。
お客さんと空間を共有しているという思いが、
おそらくご本人は勿論、メンバーもスタッフも強く感じて、
来て頂いた皆さんもまた同じ思いの様な気がして。。。
素晴らしいコンサートになったような気がします。



翌日は札幌への移動日でして、盛岡から花巻空港に
バスで移動して、空路で札幌に入る筈でした。
朝目覚めると、12月の盛岡なのに
ジャンジャン雪が降っています。。。
相変わらず天気予報も不安な感じでした。



空港までの道路事情が不安定になっているという事で、
予定より1時間早めにホテルをチェックアウト。
スタッフと共に札幌を目指しました。



バスからの視界はもう最悪で、運転手さんも
緊張感満点の状態で、ソロリソロリと空港に近づきました。
でも流石に予定より1時間以上前に出発できているので、
問題無く花巻空港に到着。



空港でチェックインをしようとすると、
この日も当然の事ながら条件付きフライト。
札幌で降りれない場合は、花巻か仙台に引き返すと
アナウンスされています。
でも、前々日も大丈夫だったし、ツアーマネージャー氏の
「ダメな場合は欠航になってますよ。
飛んだら大丈夫なもんです。」
という力強い言葉のもと、20分遅れで飛行機に乗ります。
機内では機長さんからアナウンス。
「ただ今、千歳空港は滑走路が使えない状態です。」
でも、大丈夫です。
ツアーマネージャーさんの言う通り、
出発したら着いてくれるでしょう。。。



飛行機は更に遅れて出発しましたが、
どうやら千歳上空に沢山の飛行機が待っていて、
我々は一昨日いた青森の上空で旋回を続けます。
でも大丈夫。
ツアーマネージャーさんが着くって言ってたから。。。。。



旋回1時間後、機長さんから厳しいお言葉が
「戻りま~す」。。。
でも大丈夫!
ツアーマネージャーさんがきっと着くって言ってたから。



花巻空港に着陸後、スタッフの皆さんは緊急ミーティング。
翌日が本番のため、スタッフは朝8時前には
札幌市内にいなくてはならない。
ツアーマネージャーさんが出した結論は、
「スタッフは夜行電車で札幌に入りま~す」
他のスタッフは「え、マジ?」
ツアーマネージャーさんは、
「電車だと、朝6時に札幌に着きますので、大丈夫で~す」
メンバーは「・・・」



僕らがどうなったかって言うと、
花巻空港から新花巻までタクシーで移動して、
夜遅く東京に戻りました。。。新幹線で。



東京駅では翌日の航空券を持っているスタッフさんが
既にスタンバイしていて
「朝9時のフライトで~す。」と。。。



夜遅かったので、家に戻る人もいれば、
そのまま羽田空港まで行ってホテルに泊まる人もいる
(半々ぐらいだったかな)。



翌朝のフライトで、なんとか札幌に到着しました。
でも、余りに早く着いてしまいまして、楽屋に入った後は
皆でラーメンツアー。
f0021895_13291472.jpg


コンサートも楽しく終わって、和気あいあいの楽屋に
ツアーマネージャーさんがいらっしゃいまして
「明日も天気が危ないので、朝9時前には結論出します。
飛行機が飛ばなかったら、メンバーの皆さんは
電車で釧路まで行ってもらって、そこでステイです」

「What?」
「聞こえませ~ん」
「sdjagbsdzfjapzg」←←ポーランド語のつもり

国際色豊かな葉加瀬バンドで、
色々な言語で怒号が飛びます(うそ)。



結局は無事定時に飛行機は飛び、人生初の根室市に到着。
この日の根室市は強風が吹いていて
f0021895_12544132.jpg

なまら寒かった。。。



その日は、ご本人とメンバーは炉端焼きに
f0021895_13301324.jpg

美味しかった~!



翌日のコンサートは初めてのお客さんが多かったのですが、
葉加瀬さんに熱い声援がバンバンで、
超盛り上がったコンサートになりました!



夜は蟹さんとご対面して
f0021895_13305790.jpg

翌朝はホテルからほど近くにある海鮮市場へ。
(っていうか2日間通ってしまった)
f0021895_1302576.jpg

ここ本当にオススメ。根室駅前。いい!安い!
f0021895_1312797.jpg
ほ~ら。



中標津空港からフライト。
この日はとても良く晴れていて、
空からの景色がとても良かった!
f0021895_1322882.jpg

おそらく、根室市。


f0021895_1333734.jpg

又来るね~、北海道!

移動は大変だったけど、色々な経験が出来たし、
意義が深い東北・北海道遠征になりました。

音楽イエイ!!!
[PR]
by casafeliz | 2012-12-14 13:32
<< 明けまして おめでとうございます なんと「鹿鳴館」で >>